家族葬後の弔問

家族葬を終えたということをハガキに書いて郵送した後に、弔問に訪れる人もいるでしょう。実は、家族葬を行うとこのように後で弔問に来られるという人もいるため、対応に追われる可能性は高くなります。しかし、どんなに疲れていても弔問客が来た際は、座布団を用意してきちんと感じよく応対すると良いです。

中には香典を持参する人もいます。家族葬では香典はお断りということにはなっていますが、そのような経験がなくてわからないということもあるでしょうし、香典を渡したいという相手の気持ちもあるため、その場合は受け取っても良いです。ただし、香典返しは後で渡す必要があります。

地域によっては、香典をもらったらすぐにその場で香典返しを渡すところもあるようですが、そうでない地域であれば、後で選んで送ると良いでしょう。デパート等に買いに行っても良いですし、忙しくで行く時間がない場合はインターネットで手軽に買うことができるため、インターネットを活用すると楽です。香典返しで検索してみると色々な品物が出てくるため、家族で話し合って良さそうなものを選びます。サイトの中には、喜ばれる香典返しのランキング等もあるため、参考にすると選びやすいです。