家族葬の流れ

家族葬の準備

家族葬の準備 悲しいことですが、人は誰でも亡くなります。そして、亡くなった後、見送ってあげられるのは家族しかいません。特に、親が年を取ってしまったら、万が一の事態に備えなければいけないため、いざというときにあわてないで済むように予め準備をしておいた方が良いのです。たとえば、親御さんが高齢で入院中ともなると、尚更の事です。もしも親御さんがまだ話せるようであれば、式の希望を聞いてみるのも良いでしょう。家族葬で良いのか、そうだとしたらどのような人を呼ぶべきか等、酷なことかもしれませんが、認知症でなければ、自分自身のことはよくわかるでしょうし、子供たちや配偶者が式をきちんとしてくれると思えば、安心できるのではないでしょうか。しかし、もしも高齢の親御さんが認知症であったら、何も聞けません。その場合は仕方がないことであるため、亡くなった際は、家族で家族葬を進めるしかないのです。ただ、もしかしたら、認知症になる前に何か式に関してのことを何か言っていたかもしれないため、配偶者に聞いてみるのも良いかもしれません。もしも、何か言っていたとしたら、それには従うと良いでしょう。たとえば、友人に来てほしいなど具体的に話していた可能性もあります。

家族葬の準備として、参列者のリストを作るというのも良いことです。その際の参考になるのが故人との会話であるため、何か言い残していたら、その希望は聞いてあげましょう。また、家族の間で話し合って、呼びたいという人がいたら、参列者のリストに記入しておくと良いです。しかし、この準備の段階で、何かしらの不平不満が起こる場合があります。もしかしたら、親族の中で家族葬ではなく、従来のお葬式の方が良いのではないかと異を唱える人がいることもあります。その場合は家族でよく話し合ってわかってもらいましょう。埒が明かない場合は、お葬式会社に説明してもらうという方法もあります。どちらかというと、年配の人にそのような考えの人は多いため、お葬式会社の人に詳しくどういったお葬式なのかを説明してもらえば納得できる可能性もあります。

このような準備を経て、家族葬は展開されます。何よりも家族の理解と協力が必要不可欠ですが、家族のみでお見送りをできるということで、家族の絆は深まる事間違いないです。もしも、家族だけでは解決できない様な困った事やお葬式に関しての不明な点がでてきたら、遠慮なく担当のお葬式会社のスタッフに相談すると良いでしょう。

お知らせ